地方への転勤が決まり一家そろって引っ越すことにした-東京の自宅整理の話

東京から北海道への転勤が決まったのを機に一家そろって移住すことになった。定年後を北海道で過ごす。そんな夢を描いた。そこで問題になるのは両親から受け継いだ自宅の片づけという途方もない作業だった…

自宅の整理

この投稿は、弊社への遺品整理業務のご依頼者様のプライバシーを保護するために、ご依頼の内容を個人が特定できないように物語の形式でお伝えしています。文章自体は創作ですが、ご依頼の背景にある状況は実際の複数のケースを元にしています。

もうお腹いっぱいだ。

深夜…

時計の針が、日付が変わったことを示した。
パソコンを前に、深い溜息とともに呻き声が漏れる。

粗大ゴミ、リサイクル、セカンドハンズ、不用品回収……

もうお腹いっぱいだ。

検索履歴には、あらゆる家具や家電と「廃品回収」や「買取」といった言葉が並ぶ。
どういう状態ならば値段がつくとか、つかないとか、買い取ってもらえない時は市の指定の方法で処分しなければならないとか、業者にまとめて依頼すると高くつくとか、頭が痛い。

ここ最近、毎日こうして仕事帰りに検索しては溜息をついている。

東京都 八王子市の遺品整理現場 和室 作業前

不用品を回収・処分致します
ご自宅の家財の処分をお手伝い致します

不用品回収業務の詳細はこちらへ


***

問題は…

東京という大都会から北海道への転勤が決まり、家族会議の結果、一家そろって引っ越すことにしたのだ。

子どもの頃から育ってきた家で、両親は既に鬼籍だ。
両親との同居を快諾してくれた妻には感謝しかないが、妻曰く関係は良好だったそうだ。

もう何十年も人が住み続けた家は、老朽化も進みリフォームが必要となっていた。
リフォームで何百万もかかるならば、これを機に実家を土地もろとも売却して、新天地で新生活を始めよう、ということに決まった。

そこで立ちはだかったのが、家の片付けだった。

なにせ何十年にわたり住み続けた家なので、とにかくモノがあふれている。
年季の入った家具や、かろうじてまだ動く家電、そして両親の服飾品や思い出の品の数々。アルバムの冊数もえげつない。自分が子どもの頃に読み、子どもたちにも読み聞かせた絵本も取ってある。他にも、旅行のお土産や、何かよく分からない絵画作品や、ビデオ、カセットテープ、などなど……

売却するための情報を集めながら、家の片付けのことも自分でやるとなると、その負担は莫大だった。
妻も協力してくれたが、二人で情報の共有をして、話し合って、どうやってこの家を整理するか方向性を決めるだけでも大変な作業だった。

それにしても……

***

ネットで探した…

不用品の回収にこんなにお金がかかるとは。

粗大ゴミを引き取ってもらうとなると、いちいちお金がかかるし、業者に依頼するとかなりの出費となることが分かった。

何か売れるものがあれば売りたいと思って調べても、一般的なセカンドハンズの店だと取り扱っていないものがあったり、専門の買い取り業者がバラバラだったり、まさに面倒の一言だ。

誰か家をまるごと片付けて、売れるものは売って、捨てるものは捨てて、と全部任せられればいいのに。
そう思って、思い切って「家 まるごと 片付け」や「業者 買い取りから処分まで」など、検索の言葉を少し変えて調べてみることにした。

すると、意外にもたくさんの業者がズラッと画面上に並んだ。
ゴミ屋敷とか、遺品整理とか、そういった言葉が目について「そこまでじゃないんだよな」とは思ったが、まるごとお任せできるならば、とひとつひとつ見ていく。

『不用品の買取も可能です』という言葉に手が止まる。

***

「見つけたぞ!!」

あった……!

MINDという業者のホームページだった。
よく読んでみると、売れるものは業者が直接買い取ってくれて、見積もり費用と相殺してくれるという。

見積もりはどうやって取るのかと思って調べてみると、訪問見積りということで逆に安心した。問い合わせだけで見積もりを出されてしまうと、後から追加で請求されかねないと思ったからだ。

実際に問い合わせてみると「当日に追加のご要望を頂戴しない限りは、お見積り額が上がることはございません。不用品はその場で査定してお買取りし、お見積り金額と相殺させていただきます」との回答だった。

「見つけたぞ!!」

思わず大声を上げたら、妻がすっ飛んできた。

***

見積もり当日…

見積もりにやって来たスタッフは、実にテキパキと、あっという間に見積もりを算出してくれた。
もっと時間がかかるかと思ったが、予想以上のスピード感に面食らってしまった。

「本当にこれ以上高くなったり、追加費用が出たりはしないんですよね?」

念のために確認すると、はっきりと「はい」と答えてくれた。

「当日に何か追加でご要望いただかなければ大丈夫です。今回はサッと見させていただいた中で、かなり売れるものがありそうでしたので、これよりもお安くなるかと思います」

その言葉が決めてとなり、MINDに依頼することを決めた。

子どもたちには「今後一気に家を片付けてくれる業者さんに来てもらうから、処分されたくないものはしっかり確保しておくように」と伝え、一応家族全員、MINDの片付け日までに自分が引っ越し先に持っていくものだけは整理しておいた。

あとは全部持っていってほしい、処分してほしい、というものばかりだった。
それが家の中に山盛りに残っている。

人間がいかにモノに囲まれて暮らしているかということを思い知った。

***

作業当日…

依頼日当日になると、担当のスタッフがやってきて、慣れた手つきで養生作業を進め、次々に家具や家電を仕分けていった。

「この家に残っているもので、ここに置いてあるもの以外は全て処分していただいて大丈夫です。買い取っていただけるものは査定してもらって、あとは処分の方向で」

そのように伝えると、売れるものと売れないものをあっという間に分けていき、査定スタッフが次々に値段をつけていった。

個人の思い出が詰まっているようなものや、高価な貴金属は、スタッフが我々家族のところまで持ってきて、本当に処分していいかどうか確認してくれた。

ほとんど「大丈夫です」と答えていたが、時々「あっ!それは確かに捨てたくないかも」と妻や娘が言って引き取ったものもあった。
アルバムとか手紙とか、そういうものだったが、本人たちにとっては大切な思い出が詰まった代物なのだろう。

「良かった~」

と言って嬉しそうな表情を浮かべる家族を見て、MINDさんに依頼して良かったな、という思いがじんわりと胸に広がった。

みるみるうちに片付いていく家を見ながら、家族で昔話に花を咲かせた。
両親の話題も出て、三世代で過ごした日々を懐かしく思った。

***

感極まる…

「こちらが査定額となります。売れるものが多かったので、かなりの金額になりましたね」

見せてもらった金額を見て、驚いた。予想よりも高い値段がつき、見積もり額から大幅に相殺された。
これには妻も大喜びだった。

「それでは、あとは掃除に入らせていただきますね」

ひと通り不用品の回収作業が完了し、家の中のモノが無くなると、MINDのスタッフは清掃作業に入った。

モノが無くなっていく様子を眺めていた時は、少しばかり切ないような、寂しいような、そんな気がしたが、丁寧に掃除をしてもらっている様子を見ているうちに、徐々に感謝の気持ちに変わっていった。

両親と一緒に過ごした子ども時代、妻と結婚して子どもを授かってから賑やかになった家族、仕事が上手くいかなかった時も、昇進してお祝いムードになった時も、いつもこの家に帰ってきていた。

家は、ただ寝に帰るだけの場所ではない。
人生を見守ってくれる、大切な「居場所」なのだ。

そんなことを実感し、何か胸に込み上げてくるものがあった。

「お父さん、感極まってるんじゃない?」

娘に茶化されて、つい強がってしまう。

「でもお父さんが一番この家で過ごしたわけだからね」

妻がフォローしてくれた。

「子どもの頃から過ごした家って思い出深いよな。分かる分かる」

息子の言葉に娘が切り返す。

「あんたなんか、まだ十数年しか暮らしてないじゃないの」

家族の会話を耳に、なぜかとても安心した。
大丈夫だ。長く過ごした家から新天地へと旅立っても、自分には家族がいる。

***

家まるごと片付け作業が終わって…

スッキリした気持ちで大切な家族とともに新たな門出を迎えられて良かった。MINDさんのおかげで、懐も温かく、気持ちもとても温かくなった。

***

MINDより

このお話は、ご依頼者さまとのやり取りを元にわかりやすくお伝えするために作成した物語です。

ですが、実は多くのご依頼者さまとの間で本当にあったお話でもあります。

ご自宅を処分して移住される方も増えています。
ご自宅まるごと片付けのご依頼も承ります。

私たちにできることでしたら、どのような事でもお力になれるように頑張ります。
ご自宅の整理、ご実家の片づけなど、お気軽にお声がけください。

MIND 遺品整理担当者

よくあるご依頼

自宅まるごと片付けに伴う不用品の回収
不用品の回収と処分をします。

骨董品やコレクション、家電製品の買取

製造から5年以内の家電は買取価格が付く場合があります。
買取金額は、費用と相殺させていただいています。

東京都 八王子市の遺品整理現場 和室 作業前

何世代もで暮らしたご自宅を片付ける場合の注意点は、期間を決めて、はっきりと分別することです。

週末に自分で片付ける週末片付けでなんとかしようとすると、何年も掛かってしまうことがあります。

家を一軒片付けるとなると大変な作業量と大量の不用品がでます。

これを自治体の回収日に捨てていたのではとても終わらない作業になってしまいます。

ご自宅の整理は、期日を決めて、エイっヤーとやってしまうのがおすすめです。

その際は、私たちの力をご活用ください。
ご相談いただければ、お見積りに伺います。

 

自宅まるごと片付け

お問い合わせ・お見積りのご依頼

ご質問・ご相談・お見積りは無料です
お気軽にご連絡ください

クレジットカードでのお支払いが可能です

0120-100-122

受付時間 8:00 – 20:00

所在地 〒208-0034 東京都武蔵村山市残堀5-58-10

メール trust@tokyo-mind.com

Scroll to Top