遺品整理作業の流れは? プロが教える5ステップで遺品の整理を成功させる方法

遺品整理作業は、故人が生前整理をされていたとしても膨大な量の遺品を、ひとつひとつ整理していく必要があります。

効率よく遺品整理作業を進めるためには、5つのステップを確認して作業を進めていきます。

今回は、遺品整理作業を成功させる5つのステップを、遺品整理士が詳しく解説していきます。

遺品整理作業の5つの流れ

遺品整理作業を成功させるためには、事前に5つのステップを確認する必要があります。

5つのステップで遺品整理をすすめることで、効率よく遺品整理作業をすることができます。

ここからは、遺品整理作業を成功させる5つのステップを解説していきます。

1.遺品整理の作業スケジュールを決める

遺品整理を始める前に、遺品整理作業のスケジュールを決めることで、作業目途をつきやすくすることができます。

遺品整理作業のスケジュールを決めるときは、いつまでに終わらせるのか、終了予定日から決めるようにして、終了予定日に作業を終わらせることができるように、いつ何をするのか具体的にスケジュールを立てていきます。

具体的にスケジュールを立てるときは、一気に複数の部屋の遺品整理をしようとせずに、「この日は居間の遺品整理をしよう」というように、無理のないスケジュールにします。

 

遺品整理作業

2.遺品の仕分け作業

スケジュールを立てたら遺品整理に取りかかりますが、遺品整理作業の際は「いるもの」「いらないもの」に仕分けしていきます。

「いるもの」に仕分けする遺品は、思い出の品や貴重品、重要な書類になります。

  •  通帳
  •  印鑑
  •  現金
  •  有価証券
  •  クレジットカード、キャッシュカード
  •  身分証明書
  •  土地の権利書
  •  健康保険証
  •  契約書類

上記の貴重品や重要書類の他に、ブランド品やアンティーク家具、製造から5年以内の家電製品、貴金属、宝石などは「買取サービス」を利用できるので、誤って処分しないように気をつけましょう。

3.「いらないもの」に仕分けした遺品の処分

「いるもの」に仕分けしなかった遺品は、「いらないもの」に仕分けしていきます。

例えば傷や汚れが目立つ家具や、年式の古い家電製品、鍋や包丁などのキッチン用品、日用品などです。

「いらないもの」に仕分けした遺品は、自治体のゴミの分別ルールを守って処分することで、処分費用をかけずに処分することができますが、大量に遺品がある場合は不用品回収業者や、遺品整理業者に依頼して処分するとスムーズです。

しかし思い出の詰まったアルバムや手紙などは、「そのまま処分するのは気が引ける」という方が多いと思います。

この場合は、専門業者に依頼して写真やビデオテープ、手紙をデジタル化してもらう方法や、寺院や神社によるお焚き上げで処分する方法があります。

お焚き上げの場合は、遺品の大きさによって料金が変動する他に、ビデオテープなど燃やすことで有害ガスが発生する恐れがある遺品は断られてしまう可能性があるので、事前に何をお焚き上げするのかを決めてから寺院や神社に問い合わせするようにしましょう。

4.「いるもの」に仕分けした遺品の形見分け

「いらないもの」に仕分けした遺品の処分が終わったら、最初に「いるもの」に仕分けした遺品の形見分けをしていきます。

貴金属や宝石、芸術品、骨董(こっとう)品などは、後述する買取を行った後に遺族に分配していきます。

例えば、故人が身につけていたアクセサリーや、着物などの衣類、趣味のコレクション、時計、書籍などを形見分けすることが可能です。

しかしプレミア価値のある書籍や芸術品などの高価な遺品は、贈与税の対象になる可能性があるので、遺族の負担が少ない遺品を選んで形見分けするようにしましょう。

5.さらに「買取」に仕分けする

「いるもの」に仕分けした貴金属や宝石、美術品、骨董(こっとう)品を買取サービスを利用することができます。

しかし買取サービスを利用して、売却価格が1個、または1組30万円を超える遺品に対しては課税対象になるので、忘れずに確定申告をする必要があります。
【参照】NO.3105 譲渡所得の対象となる資産と課税方法|国税庁 https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/joto/3105.htm

譲渡所得は、給与などで得た収入以外の所得と、遺品の購入費+遺品を売るためにかかった費用でもとめられる譲渡価格−50万円を合計して、所得税法に規定された累進税率をかけた税金がかかります。

しかし税金には「控除」というルールがあるので、30万円までは非課税ということを考えると、例えば遺品の時計を70万円、指輪を60万円で売却できたとしたら、時計が40万円と指輪が30万円、合計70万円が課税対象ということになります。

さらにここに控除額50万円が適応されるので、70−50=50万円になり、30万円以下となるため課税対象外のため税金が免除されるケースもあります。

遺品の買取に関しては、買取担当者や税理士に相談しながら進めてもいいでしょう。

まとめ

遺品整理作業を成功させる5つのステップは以下の通りです。

1.終了予定日と各日程の具体的な作業内容を決める
2.遺品の仕分け作業をする
3.「いらないもの」に仕分けした遺品は、処分方法を確認する
4.「いるもの」から形見分けを行う
5.「いるもの」から「買取」に仕分けをして、買取サービスを利用する

買取サービスを利用する際は税金がかかる可能性があるため、買取担当者や税理士と相談しながら遺品整理作業を進めていきましょう。

当社は、遺品整理士の認定資格を所持しています。
他にも遺品供養士を所持しています。

お気軽にご相談ください。

生前整理作業後
Scroll to Top