【保存版】生前整理のやり方は?プロがわかりやすく解説

生前整理はやることが多いので、それぞれのやり方のポイントやコツを把握して、しっかりと取り組む必要があります。

今回は、生前整理のやり方を5項目ごとに詳しく解説していきます。

生前整理の5つのやり方

生前整理のやり方は、以下の5つの方法にわかれます。

1. 生前整理をはじめる時期
2. 生前整理のやることリスト
3. 大きな不要品の処分
4. エンディングノートの作成
5. 遺言書の作成

ここからは上記5つの生前整理のやり方を詳しく解説していきます。

1.生前整理は元気なうちにはじめる

生前整理のやり方1つ目は、元気なうちにはじめることについてです。 生前整理はものを「いるもの」「いらないもの」に仕分けしていき、「いらないもの」は自治体が定めるルールを守って処分する必要があります。 また「いるもの」に仕分けしたものは、さらに以下のように仕分けしていき、ご遺族が遺品整理をスムーズに行えるようにする必要があります。
  • あなたの死後、中身を確認せずに処分してほしいもの
  • あなたの死後、中身を確認して不要であれば処分してほしいもの
  • あなたの死後、指定した人に相続してほしいもの
  • あなたの死後も残しておいてほしいもの
このように生前整理は整理整頓を行うことが重要なので、非常に体力と気力・時間を必要とします。 そのため生前整理はあなたが元気なうちに、時間をかけてゆっくりと進めるようにしましょう。
生前整理

2.生前整理のやることリストを参考に行う

生前整理のやり方2つ目は、生前整理のやることリストを参考に進める方法についてです。

生前整理では不要品の処分やエンディングノートの作成の他に、「デジタル遺品の整理」「財産の整理」「思い出の整理」が必要になります。

デジタル遺品は遺族がそのすべてを把握して、退会や解約を行うのが難しいため、あなたが元気なうちに不要なサービスは退会・解約しておき、これからも利用するサービスのログイン情報は後述するエンディングノートに記載しておきましょう。

以下の記事で生前整理のやることリストについて詳しく解説しているので、参考にしながら進めていきましょう。

3.大きな不用品は無理に自分で処分しない

生前整理のやり方3つ目は、不用品の処分方法を賢く選択する方法についてです。

「いらないもの」に仕分けしたものは処分する必要がありますが、多くの自治体が定める40〜45ℓのゴミ袋・指定ゴミ袋に入る不要品で、自治体が収集してくれるものであれば、自治体の定期ゴミ収集を利用することで安く、あるいは無料で処分することが可能です。

しかし家具や家電類は粗大ゴミ・大型ゴミにあたるため、トラックが入れる集積所まで運び出す必要があります。

自治体の粗大ゴミ・大型ゴミ収集は安く大きな不用品を処分できますが、自分で運び出す際にケガをするおそれがあるので、大きな不用品だけ不用品回収業者や生前整理業者に依頼して処分する方法もあります。

必要に応じてこれら専門サービスを利用して、賢く安全に生前整理を進めていきましょう。

4.エンディングノートを作成する

生前整理のやり方4つ目は、エンディングノートを作成する方法についてです。 エンディングノートは後述する遺言書のように作成方法が決まっていないので、あなたの好きな方法で自由に書くことができます。 エンディングノートには以下の項目を記載するようにしましょう。
  • あなたの本籍地や血液型
  • 持病の有無・服用中の薬・かかりつけ医の情報
  • 延命措置・葬儀・埋葬・お墓の希望
  • デジタル遺品の情報
  • 財産についての情報
  • その他遺品の情報
  • 家族へのメッセージ
気をつけるのは、エンディングノートには法的拘束力がないので、財産を残す場合は別途遺言書を作成しておいたほうがいいでしょう。

5.遺言書を作成する

最後の生前整理のやり方は、遺言書の作成についてです。

遺言書は遺書とは異なり、法律に基づいた作成方法で「誰にどの財産を相続させるのか」を明確に記す必要があります。

遺言書には主に「直筆証書遺言」「公正証書遺言」「秘密証書遺言」の3種類がありますが、多くの方が直筆証書遺言か公正証書遺言を選択します。

直筆証書遺言は自分で作成できる、法務局の「遺言書保管制度」を利用できて手軽というメリットがある一方で、自分で作成するため法律に基づいておらず無効になる、争いの原因になるなどのデメリットがあります。

公正証書遺言は、公証人が関与するため無効になりにくいことから親族間の争いに発展しにくいというメリットがある一方で、費用と手間がかかるというデメリットがあります。

必要に応じてこれらの遺言書を選ぶようにして、心配であれば遺言書作成に強い弁護士や司法書士など専門家に作成を依頼してもいいでしょう。

まとめ

生前整理のやり方は、今回ご紹介したやり方を参考に進めることで自分でできますが、心配であれば生前整理業者に依頼して、家財の整理や相談を受けてもらう方法もあります。

MIND株式会社では、生前整理のお手伝いをさせていただいております。

ご不要品のお片付けや特殊清掃・原状回復などにお困りでしたら、お気軽にご相談ください。

当社は、遺品整理士の認定資格を所持しています。
他にも遺品供養士を所持しています。

お気軽にご相談ください。

粗大ごみ箪笥の処分
Scroll to Top