大家さんからの苦情で知った…東京で暮らす息子の部屋がゴミ部屋になっていた

ある日、東京で暮らす息子の部屋の大家さんから電話があった。部屋がゴミだらけになっており、悪臭で隣の住人から苦情が来ている。とのこと、何度も片付けをするように依頼したが、一向に改善せず、仕方なくの電話をしたとのことだった。夫と二人で様子を見に行くことにした…

ゴミ部屋

この投稿は、弊社への遺品整理業務のご依頼者様のプライバシーを保護するために、ご依頼の内容を個人が特定できないように物語の形式でお伝えしています。文章自体は創作ですが、ご依頼の背景にある状況は実際の複数のケースを元にしています。

「……えっ!?あの、それは……」

大家さんからの電話

受話器に向かって喋る妻の声色が変わった。
それまでは「ああ、大家さん!いつも息子がお世話になっております」と明るく朗らかな声で応対していたのに、急に声のトーンが落ちたのだ。

あいつ、何かやらかしたのか……?

特に思い当たる節は無かったが、妙な胸騒ぎが襲ってきた。
妻は、相手には姿が見えないはずなのにペコペコと頭を下げながら「すみません」を連発している。

「ええ、ええ、はい。あの、一度そちらに伺いますから。本当に、ご迷惑おかけしてすみませんでした」

そう言って、最後に誰もいない空間に向かって深々と頭を下げたあと、妻は大きなため息とともに受話器を置いた。

「どうした?」

「ジュンの部屋から異臭がするって苦情が相次いでるって」

「異臭?」

「一度、大家さんがジュンの部屋に行ってみたら、ゴミで溢れかえってたらしくて、片付けるよう言ってくれたみたいなんだけど、一向に改善しないからってうちに……」

息子のジュンは大学進学とともに家を出て、東京で一人暮らしを始めた。
そのアパートの大家さんからの電話だった。

「親御さんの方で何とかしてもらえないかって。このまま改善しないなら退去してもらうって」

「ジュンのやつ、他人様に迷惑かけて、まったく……」

「とにかく、アパートに行った方がいいわよね?」

妻は心配そうな顔で部屋の中を歩き回りながらそう言った。それには私も賛同した。そこで、二人で息子のアパートへ行ってみることにした。

東京都 八王子市の遺品整理現場 和室 作業前

ゴミ、不用品を回収・処分致します
ご自宅の家財の処分をお手伝い致します

不用品回収業務の詳細はこちらへ


***

息子の部屋…

「あんたねぇ……」

妻が呆れかえって盛大なため息をついた。

「こりゃひどいな」

私も唖然とした。

目の前に広がる光景は、まさに「ゴミ屋敷」そのものだった。いや、ワンルームだから「ゴミ部屋」か。

足の踏み場が無いとか、そういうレベルですらなかった。

まず玄関というものが見えない。ドアを開ければ目の前にコンビニの袋やスーパーの袋が積まれており、視界を遮っていた。

シンクには洗っていない調理器具や食器が折り重なり、最後に使ったのはいつなのか分からないシミがこびりついていた。自炊などできたものではない。

ゴミだか何だかすら分からないものを踏みつぶしながら部屋の中へと入っていくと、そこにもモノが溢れかえっていた。ところどころから異臭がする。ゴミ捨て場のような臭いだった。それも、生ごみを出す曜日の朝のゴミ捨て場だ。

洗っていないであろう、色のついた空きペットボトルが転がり、食べた後放置したらしいカップ麺の容器が無造作に積まれ、お菓子の袋やコンビニ弁当の空箱がビニル袋から飛び出して散乱していた。

「ここまでひどいとは思わなかったわ……」

妻は顔をしかめて鼻を手で覆っている。

「なんでこんなになるまで放っといたんだ」

暫く言葉を失っていた私だったが、息子に聞いてみた。

「いや、う~ん、なんでだろ」

息子はのんびりと答える。
厳しい親父さんなら、ここで平手打ちでもかますところなのだろうが、生憎と私はそういう性格ではなかった。

「……私のせい、ってこと?」

妻がポソリと呟いた。

「私が、いつもジュンの部屋を片付けてたし、家事全般全部やってきたから、自分でなんにもできなくなっちゃったの?」

泣きそうな顔で声を絞り出す妻を見ていたら、このままではいけない、と思った。

「ジュン、おい、なんでだろじゃないだろ。お前、この部屋、異臭の苦情が出てるそうじゃないか。今すぐどうにかしなさい!」

いつもよりも声を荒げて言ってみたが、ジュンも困ったような顔をするばかりだ。

「そう言われたって……ムリだよ。俺一人でどうにかできるならとっくにやってるし」

「お前、大家さんに追い出されようとしてるんだぞ?」

「それは困るけどさ……」

情けない息子の様子に私まで泣きたくなってきた。

「とにかく、あんた一人じゃどうにもできないだろうから、母さんたちが手伝ってどうにかするしかないね。今日はもうこんな時間だから一旦帰るけど、明日また来るから」

妻は、何か吹っ切れたようにそう言って、私を促してジュンの家を後にした。

 

***

どうしたものか…

帰り際に大家さんに改めて謝罪して、近日中に必ずどうにかすると約束し、菓子折りを渡した。帰宅してから、改めて夫婦で話し合った。

「一人暮らしができるくらいには家事を教え込んでおけば良かった」

そう言って嘆く妻をなだめ、自分も普段頼りすぎていたことを詫び、これからどうするか、どうやってあの部屋を片付けるか、相談した。

大家さんに追い出されるとなったら、あの部屋の片づけと清掃は業者に任せることになるだろう。そしてその費用は当然こちら持ちだ。だったら、いっそ業者に頼んでしまおうか、という話になった。

「あの部屋は1日でどうにかできるとは思えないし、そもそもあんな部屋に1日中こもって片付けなんかしたら体調を崩しそうだしな。プロに任せた方が早いかもしれん」

「そうね……素人が下手に手を出して中途半端な状態にするよりも、その方がいいかもね」

こうして、私たちは汚部屋を片付けて掃除してくれる業者を探すことにした。

インターネットで色々探してみると、さまざまな業者が見つかった。
こちらとしてはとにかく急いでいたので、片っ端から問い合わせたり見積もりを依頼したりしていった。

そんな中で出会ったのがMINDさんだった。
最初は遺品整理や生前整理が中心の業者さんというイメージで、あまり期待していなかったのだが、ホームページに「ゴミ屋敷」とか「消臭除菌作業」といった言葉を見つけて「異臭の苦情がでているジュンの部屋をどうにかしてくれるかも」と思って問い合わせてみた。

対応が早く親切で、早速ジュンの部屋に行って見積もりを出してくれるということだったので、お願いした。

***

業者の見積もりの日

「こんにちは! 失礼いたします! よろしくお願いいたします!」

明るい挨拶とともにジュンの家にやって来たMINDのスタッフさんは、あのあまりにもひどい部屋を見ても、顔色ひとつ変えず、「すごいですね~」とか「これはなかなかですね」とか、そういったことも何も言わずにテキパキと家の中を見ていき、あっという間に見積もりを算出してくれた。

何を言われるかとビクビクしていた私たち夫婦は、始終にこやかで丁寧に対応してくれたスタッフさんがすっかり気に入ってしまった。とても感じが良かったし、この方なら任せられそうと思った。

「学生さんのお部屋ということで、何か売りに出せるようなものは無いかなと思いますが、もし不用品で売れるようなものがありましたら、お見積りから引かせていただきますね。当日、特に追加でのご依頼が無ければこの見積もり金額から上がることはありません」

そう言って見せてくれた見積もり金額は、もちろん決して安いものではなかったが、私たち2人であの部屋をどうにかすること考えたら安すぎるものだった。

「ぜひ、お願いします」

即決で依頼することにして、最短で来ていただける日で予約した。

***

作業当日

当日は、さすがプロという手さばきで、あれよあれよと部屋中のゴミを運び出して綺麗にしてくれた。ジュンの部屋の場合は、ほとんどのものがゴミだったので、ゴミを撤去しただけで一気に部屋が広くなった。
ただ、臭いはなかなか落ちないもので、一見綺麗になった部屋からも、染みついた臭いが鼻を刺激していた。これも、MINDのスタッフさんは慣れた手つきで清掃作業のようなことをして見事に消してくれた。

プロの仕事だなぁと思い、心から感心したし、おかげさまで息子もアパートを追い出されずに済み、一件落着となった。

妻は「ジュンに掃除片付けの仕方を叩きこむ」と息巻いている。
息子本人も、自分の怠慢がこんな大騒ぎになるとは思っていなかったらしく、本人なりに反省しているようだ。

将来結婚して、嫁さんに愛想を尽かされないためにも、しっかりと家事能力を身に付けてくれればと思っている。

***

MINDより

このお話は、ご依頼者さまとのやり取りを元にわかりやすくお伝えするために作成した物語です。

ですが、実は多くのご依頼者さまとの間で本当にあったお話でもあります。

ご実家を離れて暮らすお子さんの部屋の片付けを遠方に住んでいるご両親から依頼されることが増えています。

私たちにできることでしたら、どのような事でもお力になれるように頑張ります。
一人暮らしのお子さんのお部屋の片付け、ご自宅の整理、ご実家の片付けなど、お気軽にお声がけください。

MIND 遺品整理担当者

よくあるご依頼

汚部屋の片付けと清掃
ゴミ、不用品の回収と処分及び清掃をします。

骨董品やコレクション、家電製品の買取

製造から5年以内の家電は買取価格が付く場合があります。
買取金額は、費用と相殺させていただいています。

ゴミ部屋

賃貸物件の部屋をゴミ屋敷に変えてしまうと…
賃貸物件の場合は、退去を迫られることがあります。その際は現状回復し、部屋を元の入居前の状態に戻して返却する必要があります。

ゴミの処分、不用品の回収、清掃、改修工事、消毒、消臭が必要です。

通常の片付けより清掃と消臭作業が多くなります。

ご自身で片付けるのにはハードルが高いと言えます。

そんな場合は、私たちをご活用ください。
まずは、ご相談ください。

自宅まるごと片付け

お問い合わせ・お見積りのご依頼

ご質問・ご相談・お見積りは無料です
お気軽にご連絡ください

クレジットカードでのお支払いが可能です

0120-100-122

受付時間 8:00 – 20:00

所在地 〒208-0034 東京都武蔵村山市残堀5-58-10

メール trust@tokyo-mind.com

Scroll to Top